給湯器の故障は業者に依頼する理由は?【迅速に対応してもらう】

MENU

メリットの多いガス

男の人と女の人

トータル価格は安くなる

キッチンやシャワーやお風呂など生活ではお湯を使う機会が多いですが、給湯器があることによっていつでもお湯を利用できるのです。以前は給湯器というとガス給湯器と決まっていましたが、今では電気や灯油を燃料とする給湯器も登場しています。特に電気給湯器は光熱費が節約できたり、エコに貢献できるとして人気になっていますが、実はガス給湯器も費用的メリットもあり、環境にも優しいのです。ガス給湯器と深夜電力を使ってお湯を作る電気給湯器を比較すると同じ量のお湯を作る料金は電気給湯器の方が安くなるのは間違いありません。しかし、給湯器本体の価格はガス給湯器の方がずっと安く、例えばガス給湯器が20万円だったとすると電気給湯器は100万円位かかります。その差額80万円を取り返すには、1年に5万円の光熱費に差があったとしても10年以上かかります。給湯器の耐用年数は約10年なので結果的にガス給湯器の方がトータルの料金は安くなることになります。ガスを燃やして水を温めてお湯にするガス給湯器は、二酸化炭素をたくさん出すと思われています。確かに燃焼する時に二酸化炭素は発生しますが、灯油と比べると発生量は少ないのです。電気給湯器は使っている場所での二酸化炭素の発生はありませんが、発電所で多くの二酸化炭素を発生していて、お湯を貯めておくので再加熱をすることを考えると圧倒的にエコに貢献できていると言うことはできません。ガス給湯器は作ったお湯をその場で使うことになるので無駄がありません。

Copyright© 2018 給湯器の故障は業者に依頼する理由は?【迅速に対応してもらう】 All Rights Reserved.