給湯器の故障は業者に依頼する理由は?【迅速に対応してもらう】

MENU

業者と相談して決める

作業員

サイズを把握して依頼

ガス給湯器は10年を過ぎると、経年劣化に伴い交換が必要になります。その兆候として湯量や温度が安定しなくなったり、浴室では追い炊き機能が働かなくなったりします。また、ファンの回る音が大きくなったり異臭がする場合には寿命の兆候といえます。ガス給湯器を交換する時には、家族の人数によってサイズを選ばなくてはなりません。一人暮らしの場合には一人で多くの湯を同時に使う機会が少ないですが、家族が多いと浴室と台所、洗面台で同時に稼働しても豊富な湯量が出るようにしておかなくてはなりません。一度に大量の湯が生成できるサイズにしておくことで給湯器に負担が掛からなくなります。ガス給湯器の選定は自分で決めずに、専門の業者へ相談するとよいでしょう。ガス給湯器は一軒家の場合と共同住宅の場合でも選び方が異なります。室外の外壁に設置したり据え置きにする一軒家のガス給湯器と、マンションの水道管やガス管がある部分に収まるコンパクトなものを選ぶ場合があります。浴槽の追い炊き機能が付いているものには浴室にリモコンが付いています。台所と浴室にリモコンが二つ付いているものもあり、ガス給湯器を設置する時には業者と取り付け日程を決めて立会いの下工事をしてもらいましょう。雪の多い寒冷地では凍結防止機能が付いているものを選定しなければなりません。雪の少ない場所でも冬の寒気の影響で水道管内の湯が凍り、朝一番で湯が出ない状況になる場合があります。取付の際に良くある事例を聞いておくのも良いでしょう。

Copyright© 2018 給湯器の故障は業者に依頼する理由は?【迅速に対応してもらう】 All Rights Reserved.